トラブルシューティング

・パソコン インターネットブラウザのキャッシュ削除

ウェブサイトにアクセスすると、ほとんどのインターネットブラウザはパソコン上のキャッシュと呼ばれる一時保管場所にサイトのコピーを保存します。

後に再びそのサイトを閲覧した時に、より速くページを表示できるようにするためです。

これは時間を節約してくれる素晴らしい機能ですが、時々コピーされたものが古くなっていると問題が発生する場合があります。 

 

ブラウザのキャッシュ削除方法は、下記をご参照ください。

 

Chrome (MacまたはWindows)

Firefox (MacまたはWindows)

Internet Explorer 10, 11

Microsoft Edge

Safari 5 (MacまたはWindows)

Safari 6, 7 (Mac)

 

 

Chrome

 

  1. ブラウザの右上にある 「・」が3つ縦並びになったマークをクリックします。
  2. 「設定」をクリックします。
  3. 「プライバシー」の項目の中の「閲覧履歴データの消去」をクリックします。 
  4. 次の期間のアイテムを消去のドロップダウンリストから「すべて」を選択します。
  5. 「キャッシュされた画像とファイル」のみにチェックを入れ、「閲覧履歴データを消去する」をクリックします。
  6. ブラウザを再起動します。

 

 

Firefox

 

  1. メニューバーの「履歴」をクリックします。
  2. 「最近の履歴を消去」を選択します。
  3. 「消去する履歴の時期」のドロップダウンリストから「すべての履歴」を選択します。
  4. 「キャッシュ」のボックスにチェックを入れます。
  5. 「今すぐ消去」をクリックします。 

 

 

Internet Explorer 10, 11

 

  1. 右上にあるギアアイコンをクリックします。
  2. 「セーフティ」をクリックします。
  3. 「閲覧の履歴の削除」をクリックします。
  4. 「インターネット一時ファイルおよびWebサイトのファイル」のボックスにチェックを入れます。
  5. 「削除」をクリックします。

 

 

Microsoft Edge
 
  1. ブラウザの右上にある    「」のマークをクリックします。
  2. 「設定」をクリックします。
  3. 「閲覧データのクリア」から「クリアするデータの選択」をクリックします。
  4. 「キャッシュされたデータとファイル」にチェックを入れ、「クリア」をクリックします。
  5. ブラウザウインドウを閉じます。

 

 

Safari 5

Mac

 

  1. メニューバーの Safari をクリックします。
  2. キャッシュを空にするを選択します。
  3. 空にするをクリックして確定します。

 

Windows

 

  1. メニューの編集をクリックします。
  2. キャッシュを空にするを選択します。
  3. 空にするをクリックして確定します。

 

  ※注:上記1のメニューの編集が見つからない場合は、設定ギアをクリックしてメニューバーを表示するを選択する必要があります。

 

 

Safari 6, 7

Mac

 

  1. メニューバーの Safari をクリックします。
  2. 「環境設定」をクリックします。
  3. 「詳細」のタブをクリックします。
  4. 「メニューバーに"開発"メニューを表示」のボックスをチェックします。
  5. メニューバーの「開発」をクリックします。
  6. 「キャッシュを空にする」をクリックします。